日商簿記2級-商簿(債権・債務)

こんばんは。(^▽^)/

今日は、30分で次のとおり、行いました。

4-1、4-2、4-3、4-4、4-5、4-6、4-7、4-8、4-9、4-10、4-11

 

ここでは、次の科目が新しい科目です。

ということは、出題されやすいということですね。(;^_^A

  • クレジット売掛金
  • 手形売却損(昔の割引料)
  • 営業外受取手形
  • 営業外支払手形
  • 電子記録債権
  • 電子記録債務

結構、たくさんありますね。

手形の割引や裏書時の「偶発債務」の処理は、2級の範囲から1級の範囲に移ったんですよね?

どうも、不渡になったときに、偶発債務の処理をしないと、宙ぶらりんで気になりますが、2級は、これで良いという感じですね。(;^_^A

 

今日の範囲では、問4-11の(2)と(4)を間違えました。

これは、完璧な間違いで、貸付金と借入金に関しては、電子記録債権や電子記録債務は使っちゃいけなかったんですよね。(;^_^A

クイズレットにまとめたのに、すっかり忘れていました。

出先で時間待ちのときに、クイズレットやらないといかんなぁ。(;^_^A

 

先日の問題の解答

昨日、書き忘れていました。(^^ゞ

売上原価対立法です。

 

(1)商品100個を単価100円で仕入れ、代金は掛けとした。なお、引取費1,800円は現金で支払った。 

(2)上記商品の内、10個を返品した。

(3)買掛金を現金で支払った。その際、200円の割引を受けた。

(4)上記商品の内、50個を単価150円で掛け売りした。なお、発送費1,500円を現金で支払った。

(5)上記商品の内、10個が返品された。

 

(6)売掛金を現金で回収した。その際、300円の割引を行った。

 

借方科目 金額 貸方科目 金額
(1)

商品

 

11,800

 

買掛金

現金

10,000

1,800

(2) 買掛金 1,000 商品 1,000
(3)

買掛金

 

9,000

 

現金

仕入割引

8,800

200

(4)

売掛金

発送費

売上原価

7,500

1,500

6,000

売上

現金

商品

7,500

1,500

6,000

(5)

売上

商品

1,500

1,200

売掛金

売上原価

1,500

1,200

(6)

現金

売上割引

5,700

300

売掛金

 

6,000

 

 

これで良いはずだと思いますが、ご覧くださっている方、間違っていたら突っ込んでくださいね。(;^_^A

 

ちょっと、最近、睡眠リズムが崩れているので、調整のために、昨夜3時間半しか寝ていないので、今夜は商簿だけにして、休むことにします。

お風呂から出て、時間があったら、やりま~す。

 

 

ランキングに参加してみました。

良かったら、ポチっとクリックしてくださいね。

 


資格(簿記)ランキング

0 コメント

日商簿記2級-商簿(商品売買・現金及び預金)/工簿(材料費2)

今日は、業務でクタクタ状態ですが、昨日、模様替えをして、気持ちが良い環境で少しは勉強したいので、例によって30分測ってみました。

 

恥ずかしいですが、間違えた問題は念のためにメモして行きます。(;^_^A

 

商簿は、2-6、3-1、3-2、3-3、3-4、3-5をやりました。

その結果、間違えたのは、次の2ヶ所です。

 

2-6の売上勘定

100×@¥4,500と140×@¥4,600を足すだけなので、単純な計算ミスです。

というか、数字の読み取りミスです。( ;∀;)

ここへ書くときも、4,600を4,500と書き間違えていた。

横着をして眼鏡を掛けずにやったものだから、5と6を見間違えるという…。(;^_^A

 

 

3-5の売掛金勘定

仕訳は、簡単でミスはなかったのですが、決算前T/Bの数字の読み取りミスです。

74,100となっているのを、74,000と読んだようです。(;^_^A

 

言い訳になりますが、やはり、シニアグラスが必要になってくると数字を見間違えるのでキツイです。

 

 

 

工簿は、4-9、4-10、4-11をやりました。

内部材料副費が絡んでくる問題です。

 

4-10の製造間接費(補助材料の消費)

棚卸計算法で特に難しいことはありません。

ボックスを描いたときに、返品の50kgを引き忘れました。

どうも、適当にやると、返品を引き忘れる傾向があるようなので、気を付けないとです。

以上、1ヶ所でした。

 

では、少し、気になっているお仕事の続きをします。

 

 

ランキングに参加してみました。

良かったら、ポチっとクリックしてくださいね。

 


資格(簿記)ランキング

0 コメント

日商簿記2級-工簿(材料費1・2)

工業簿記の2日目

予定の分をやり終えたら、未だ、半分くらい時間が余っていたので、30分のタイマーが終了するまでやることにしました。

 

その結果、できたのは問題3-1、3-2、3-3、4-1、4-2、4-3、4-4、4-5、4-6、4-7、4-8でした。

この部分は、特に難しい問題もなく、ほぼ機械的に処理できる感じです。

 

強いて言えば、[GT]キーや[××]の使い方を思い出しましょう!という程度です。

 

今夜は、未だ、早いのですが、ちょっと、大掃除前に模様替えをしたいので、お掃除を頑張りま~す。

 

1日1時間程度、答え合わせを含めても1時間半程度ならさほど負担にならないので、大丈夫そうですね。

ちょっと、健康食コーディネーターの調理実習用の材料も調べないと…。(;^_^

 

 

ランキングに参加してみました。

良かったら、ポチっとクリックしてくださいね。

 


資格(簿記)ランキング

0 コメント

日商簿記2級-商簿(商品売買)

今日は、商品売買の単元で問題2-2から2-5まで行いました。

タイマーは30分に設定しました。

 

正直、簡単な問題だ~と舐めて、とにかく、試験だと思って、文字を丁寧に書こうという程度しか意識していなかったのですが、恥ずかしいながら、ちょっと失敗しました。

 

どういう問題かというと、これから問題にチャレンジされる方には、ネタバレになって恐縮ですが、この問題集を使っておられない方のために、簡単な問題を作成してみます。

次の取引を、3分法と売上原価対立法で仕訳しなさい。

 

(1)商品100個を単価100円で仕入れ、代金は掛けとした。なお、引取費1,800円は現金で支払った。

(2)上記商品の内、10個を返品した。

(3)買掛金を現金で支払った。その際、200円の割引を受けた。

(4)上記商品の内、50個を単価150円で販売した。なお、発送費1,500円を現金で支払った。

(5)上記商品の内、10個が返品された。

(6)売掛金を現金で回収した。その際、300円の割引を行った。

 

とまあ、簡単に書くと、こんな問題です。

よろしかったら、解いてみてください。

答えは、明日、書かせていただきますね。

 

前振りがあるので、慎重に解かれると思いますが、もう、文字じゃなくて、問題に集中しないといけないなぁと思いました。(;^_^A

引き続き、工業簿記も30分測ってやってみます。

 

 

 

 

ランキングに参加してみました。

良かったら、ポチっとクリックしてくださいね。

 


資格(簿記)ランキング

0 コメント

問題集の予定を立ててみました

こんばんは。(^▽^)/

テキスト終了ということで、問題集の予定を立ててみました。

問題集は、同じ「合格」シリーズの「合格トレーニング」にしました。

この問題集は、TACのサイバーブックストアに解答用紙が提供されています。

 

かなりの問題量なので、これだけ個別問題をこなして、その後、本試験タイプの問題に移れば力も付きそうです。

 

 

ちなみに、予定表もエクセルで作っていますが、ご希望の方がありましたら、ファイルをご提供させていただきますので、お気軽にお申し出くださいね。

高校生のお嬢さん方は、K先生にお申し出くだされば、使っていただけるようにします。

ユーザー定義の表示形式と、「+1」とか「+7」とかの数式が入れてあるだけだから簡単かな?(笑)

 

このフォームの場合、日付欄の先頭のセル(B2)をクリックして、

[Ctrl]キーを押しながら、「;(セミコロン)」を押していただけば、今日の日付が入り、

即座にすべの日付欄のセルに日付と曜日が入ります。

 

 

ちなみに、本日の目標分の解答用紙を取り出したら、多くてビックリ!

 

できるかな?(;^_^A

 

 

商業簿記(財務諸表・商品売買)

まずは、商簿は30分タイマー設定

想像以上に早くできて、15分以上余り。 

こんな簡単な問題でも新たな発見があって良かったです。

 

財務諸表

問題1-2

人間が古~!って感じですが、昔は資産・負債・資本と言っていましたが、今はご存知のように「純資産」で、更には、「株主資本」と「評価・換算差額等」に分類されます。

今回は、たまたま、「株主資本」が解答欄だったので書けたけど、「評価・換算差額等」のほうを答えるのだったら、書けなかったかも…。(;^_^A

こういう記述の問題も良いですね。

 

ヨシ!これで、覚えたかな?

 

問題1-3

償却債権取立益

どんな時に使う科目かはご存知だと思うので省略しますが、昔学習した頃は、前期損益の修正にあたるので、「特別利益」ということでしたが、会社法に変わって「営業外収益」になったようです。

一応、ネットで調べました。(^^)v

 

問題を解くときは、特別利益の欄がカッコが1つしかなかったので、「固定資産売却益」を入れ、営業外収益が1つカッコが余ったので、仕方なく「償却債権取立益」を入れておいたのですが、これで正解だった訳です。

 

商品売買

問題2-1

簡単な商品売買の仕訳を3通りの方法で仕訳させる問題です。

ご存知のように、「売上原価対立法」が新たな内容になりますが、こういう簡単な仕訳で3つの方法を比較できる問題は、この段階の練習問題として、良問ですね。

商簿はここまでを予定にしていました。

今夜は、まだ、自室の模様替えをしようかと企んでいるので、余分には勉強しないことに。(笑) 

 

 

工業簿記(工業簿記の基礎・工業簿記の勘定連絡)

非常にボリュームが多いので、30分ではできませんでした。

40分掛けました。

 

問題そのものは難しくはありませんが、ここで、気を付けたいことがあります。

 

以前、日商の採点委員もしていたことがあるのですが、3級は文字も甘めに見てもらえるのですが、2級は厳しめに見られます。

 

例えば、「製造間接費」の「間」という字ですが、門構えを略字で書く方があるかも知れませんが、2級だと恐らく×にされます。

 

同じく、「経費」の糸編も下側を点3つで省略する癖がある方は、キチンと書く癖に直しておかれると良いと思います。

 

それと、最近の試験はスケール(ものさし)を持参してはいけないとのことですが、そうなんでしょうか?

この問題も、締め切れるものは締め切るようにという問題の指示に従って、「月次損益」勘定以外は締め切ったのですが、こんな時にスケールがないと、フリーハンドでは辛いですね。(;^_^A

 

まあ、こんな簡単な問題は出ないからいっかぁ!(笑)

 

 

時間との戦いでは、自分が受験した(取得した)試験の中では、税理士試験の簿記論や財務諸表論の論述問題が大変でした。

今はどうか知りませんが、昔は、B4サイズのほぼ真っ白だけの用紙が配られて、「〇〇について述べよ」なんですが、答えが分かっていて、書くことはどんどん浮かんできても、ひたすら、手が痛くなるほど書きなぐらないと、時間が足りない。

時間との戦いで非常に大変だった記憶があります。

 

ということで、こういう普段の練習問題も時間を測って、時間と闘いながら解く習慣も大切ですね。

では、今夜はこの辺で…。

 

今からベッド動かしたら、叱られるかなぁ?

模様替えの虫がウズウズ!(;^_^A

 

 

 

ランキングに参加してみました。

良かったら、ポチっとクリックしてくださいね。

 


資格(簿記)ランキング

0 コメント